病院概要

2016年度 病院機能の公表

平成28年度 八尾総合病院 病院指標

※平成30年2月まで富山西総合病院は八尾総合病院としてDPC/PDPSを算定しています。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 17 16 44 70 196 180 468 528 752 283

定義:2016年度退院患者様の人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。

特徴:当院の入院患者様は、60歳以上の占める割合が79.5%、80歳以上が40.1%と高齢の患者様が多くを占めています。比較的若い世代である40歳代以下は13.4%です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 57 23.19 13.60 14.04 85.81
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 54 37.33 21.25 33.33 80.78
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 42 13.81 5.50 2.38 69.9
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 41 26.44 12.43 21.95 83.02
050130xx99000x 心不全 39 31.38 17.95 10.26 87.51

当院の内科は一般内科、総合内科、糖尿病などの診療を中心に行っています。地域の高齢者の肺炎の治療が多く、平均在院日数は全国と比べて長い傾向にあります。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 97 12.70 11.57 0 52.56
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 32 2.03 4.64 0 51.06
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 30 3.03 4.84 0 65.97
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 22 3.14 4.56 0 57.50
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 16 11.44 9.08 12.50 73.44

当院の外科は、胃・大腸・肝・胆・膵・肛門疾患などの消化器疾患、乳腺疾患、鼡径ヘルニアなどの診療を行っています。当科の特徴として乳癌の手術患者様が多いことです。次いで、大腸がんと乳がんの化学療法を行っている患者様が多くなっています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 33 34.85 20.57 9.09 82.09
160760xx97xx0x 前腕の骨折 17 8.06 5.49 0 62.12
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 17 43.12 27.63 23.53 80.65
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 12 39.08 26.26 0 77.33
160980xx99x0xx 骨盤損傷 20.45

当院の整形外科は、外傷・転倒による骨折や打撲、膝関節症や股関節症など関節の痛みや変形などの診療を行っています。回復期リハビリテーション病棟を有し、大腿骨頚部骨折などの地域連携パスを使用した患者様のリハビリ治療も集中的に行っています。


形成外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 32 9.56 7.91 0 46.63
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 14 2.57 3.44 0 67.64
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 10.00
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 5.11
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 6.19

当院の形成外科は身体に生じた組織の異常や変形、欠損などに対して手術を中心とした診療を行っています。特に眼瞼下垂手術や乳がん手術に伴う乳房再建術、リンパ管吻合術を行っています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 7.12
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 7.52
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 19.35
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 11.83
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 16.54

当院の脳神経外科は、脳卒中や脳腫瘍、頭部外傷、てんかんなどの診療を行っています。脳梗塞や脳卒中地域連携パスを使用した患者様のリハビリ治療も集中的に行っています。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 11 7.36 0 75.27
120140xxxxxxxx 流産
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍

当院の産婦人科は婦人科一般の診察を中心に行っています。子宮脱、子宮筋腫、卵巣腫瘍などの手術も行っています。


眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100140xx99x00x 甲状腺機能亢進症 9.44
020250xx97xxxx 結膜の障害 3.40
020120xxxxxxxx 急性前部ぶどう膜炎 12.31

当院の眼科は、白内障や緑内障をはじめ、糖尿病網膜症や角膜変性症、翼状片などの診療を行っています。診断群分類に該当しない短期滞在手術の患者様には白内障の治療目的の方が多くいらっしゃいます。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 5.79
040100xxxxx00x 喘息 6.42
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 6.58
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 5.50
030270xxxxxxxx 上気道炎 4.83

当院の小児科は乳児検診、予防接種、小児科一般の診療を行っています。入院では、感染症の疾患が多く、肺炎や気管支炎、喘息などの患者様が多くなっています。


リハビリテーション科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 28 87.46 27.63 7.14 81.14
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 13 61.54 20.57 7.69 82.69
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 26.26
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 20.18
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 15.97

リハビリテーション科では、骨折等の手術後や脳梗塞後の患者様などに対してリハビリテーションを提供しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 7 7 5 2 1 7
大腸癌 3 5 17 22 5 35 2
乳癌 56 47 15 4 2 57 1 7
肺癌 0 0 0 1 2 0 1 7
肝癌 2 2 0 1 1 4 2

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者様の数を初発のUICC病期分類別及び再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリーによって各がんをⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。2015年度に退院した患者様を集計し、集計対象期間中に複数回入院した患者様はそれぞれ集計をしております。

「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者様を診療した場合やがん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 52 12.92 58.87
中等症 151 30.61 83.05
重症 6 30 86.00
超重症 18 41.78 83.50
不明

定義:市中肺炎の定義として、DPCデータの入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード6桁が0400080に相当)で、さらにその中でもICD10コードJ13~J18(肺炎連鎖球菌による肺炎、インフルエンザ球菌による肺炎、その他肺炎)で始まるものとしています。

特徴:市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 49 48.1 78.49 9.68%
その他 13 51.08 78.62 1.61%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

定義:入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁で集計しています。

特徴:脳梗塞患者様の内、発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者様が全体の約78.5%、その他の患者様が21.5%となっています。当院は急性期の患者様の受入と共に、発症後のリハビリ目的の患者様の受入も多く行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 結腸ポリープ切除術(内視鏡的) 43 1.14 1.16 0 66.81
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術
K664 胃瘻造設術
K6534 内視鏡的胃十二指腸ポリープ粘膜切除術
K654 内視鏡的消化管止血術

内科では消化器内科による内視鏡的止血術や内視鏡的ポリープ切除術、胃瘻造設術などを行っています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 結腸ポリープ切除術(内視鏡的) 121 0.12 1.32 0 69.75
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない)<1側単純乳房切除と所属リンパ節郭清> 35 1.00 11.00 0 53.71
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 22 5.68 7.86 0 61.36
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除)(腋窩部郭清を伴うもの) 15 1.00 6.73 0 51.93
K0221 組織拡張器による再建手術 13 1.00 12.54 0 48.92

外科では内視鏡的ポリープ切除術が最も多く、次いで、乳がんの手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術が多くなっています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 観血的骨接合術 21 1.57 13.14 0 66.24
K0461 観血的骨接合術 19 2.89 32.84 21.05 77.84
K0821 人工関節置換術(膝) 13 1.00 36.08 0 76.31
K0483 骨内異物除去術
K0811 人工骨頭挿入術(股)

整形外科では上腕、前腕、大腿・下腿の骨折に対する手術が多く、次いで人工関節置換術(股関節・膝関節)など行っています。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術 24 0.96 7.58 0 46.54
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 14 0.07 1.50 0 67.64
K628 リンパ管吻合術
K0151 皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁術(25cm2未満)
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他)

形成外科では人工乳房を用いた乳房再建術が多く、次いで眼瞼下垂症手術、リンパ管吻合術を行っています。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
K331 鼻腔粘膜焼灼術
K664 胃瘻造設術

脳神経外科では、頭部外傷後の脳出血に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を行っています。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8654 子宮脱手術
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術
K9091 流産手術(妊娠11週まで)<吸引掻爬>
K877 子宮全摘術
K879 子宮悪性腫瘍手術<腟式全摘>

産婦人科では、子宮脱手術、子宮筋腫、卵巣腫瘍摘出術などを行っています。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 242 0 1.62 0 75.61
K224 翼状片手術
K2822 水晶体再建術

眼科では、白内障手術(水晶体再建術)と翼状片手術などを行っています。


リハビリテーション科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 観血的骨接合術 22 3.00 80.64 9.09 82.5
K0821 人工関節置換術(膝)
K0811 人工骨頭挿入術(股)
K047-3 超音波骨折治療法
K664 胃瘻造設術

リハビリテーション科では、骨折等の手術後や脳梗塞後の患者様などに対してリハビリテーションを提供しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

当院では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こりうる合併症については事前に、可能な限り患者様に説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。

更新履歴

 

 

2017年9月14日

2016年度八尾総合病院の情報公開

2016年9月23日

2015年度八尾総合病院の情報公開