健診・検診・人間ドック・予防接種

ストレスチェックについて

「ストレスチェック」の準備はお済みでしょうか

2015年12月より労働安全衛生法が改正され、従業員が50名以上の事業所では「心理的な負担の程度を把握するための検査」(通称 ストレスチェック)を毎年1回実施することが義務付けられました。

  1. 50名以上の事業場 義務(年に1回報告)
  2. 50名未満の事業場 努力義務

『富山西総合病院』では、ペーパー式103問のストレスチェック調査票「こころの健康チェック」を事業所向けに行っています。

103問ストレスチェック調査票「こころの健康チェック」

検査料金

900円/件(ペーパー式・税別)

  • 手数料として1事業所1回につき、1,500円(税別)。上記の料金には
    事業所全体の集団分析を標準で含みます。
  • 部署ごとの集団分析は、1部署につき別途1,000円(税別)となります。

※当院にてお取引のある事業所様は割引がございます。

最小受注単位

10名以上 1名単位 10名未満の個人受検はお引き受けできません。

内容

ペーパーまたは電子媒体による103問のストレスチェック調査

  • 受検者本人用 個別結果分析
  • 事業所用 部門別分析(原則10名以上単位のグループごと)

※面接指導は上記料金に含まれません。

ストレス分析シート結果帳票他
 

 

チェック

シート比較

ストレ

反応






 |

 |

ピン

恣意的反応






 |





 




 






類 
W

e

b



 
こころの健康チェック  

 

 

 

 

 

103

 

 

 

 

 

 

 

簡易

ストレス

調査

 

 

 

 

×

 

×

 

57

 

 

 

 

 

×

 

×

 

×

面接指導(別受注)

高ストレス者 面接指導

  • 法定のストレスチェックの後の、高ストレス者で面接指導を希望された方を対象に、法定の医師による面接指導を行います。
  • 「医師」による面接指導となります。条件により受注できない場合もございますのであらかじめご相談ください。

心理職 相談窓口

ストレスチェックの結果によらず、ストレスを感じている方を対象に、心理職による相談を行います。

  • 「医師、保健師、心理相談員等」による面談、またはメール相談となります。条件により受注できない場合もございますのであらかじめご相談ください。

※面接指導、相談窓口については、当院の都合により受注をお断りする場合がございます。何卒ご了承ください。

ストレスチェック義務化の準備

「事業者による基本方針の表明」の準備を!

ストレスチェック制度は、すべての従業員(受検者)にストレスチェックを実施し、ストレスへの気づき及びその対処の支援と職場環境の改善を通じてメンタルヘルス不調となることを未然に防止するものです。

事業者(会社)がまず始めにしなければならないことは、衛生委員会・安全衛生委員会などの場で、

  • ストレスチェックの実施方法
  • 「医師との面接指導」の希望の申し出方法、およびその実施方法
  • 「実施事務従事者」の選任

などを調査審議したうえで、労働者に説明と情報提供を行う、「基本方針の表明」をしなければなりません。

なお、実施事務従事者は職場での監督的地位にあるもの(課長・部長など)は担当することができません。おもに、ストレスチェックの用紙の配布や回収といった事務にあたりますが、管理職等(会社)からの命令があってもその回答情報を漏らすことは許されません。
当院の「こころの健康チェック」は、回答用紙に無作為の受診番号を印字して氏名の記入等は不要となっているため、回答のプライバシーが守られます。

その他おもな規定

  • ストレスチェックの高ストレス者従業員が、産業医等の「医師との面接(相談)」を希望した場合は、会社は1ヶ月以内にその機会を与えなければなりません。(義務)
  • 必要に応じて「心理職(保健師・心理相談員等)による相談窓口」を設置して、利用できるようにします。
  • 部課ごと(10名以上1単位)の「集団分析・集団集計」(努力義務)を行うため、事業所の従業員が同時期に一斉に実施する必要があります。集団分析については受検者の同意なく事業者に提供できます。
  • 法定定期健康診断と同時に実施する必要はありません。また、健康診断とストレスチェックは「区別」することと定められております。
  • 個人の結果については受検者本人の同意なく事業者に通知できません。また、「同意」の取得はストレスチェックの実施前や実施時に取得することは認められません。
  • 法定定期健康診断は、事業者と従業員の双方に実施・受診義務があります。このストレスチェックにおいては、全員受診が原則となっていますが、受検することによる負担が大きい者には強要しなくてよいこととされています。

お問い合わせ:  富山西総合病院 健診センター
電話:     076-461-7700
担当:     木村(第一種衛生管理者・THP心理相談員)