入院・お見舞い

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患などの病気や怪我の急性期治療を終えても、後遺症や体の機能の衰えにより、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さまに対して、在宅・社会復帰に向けてリハビリテーションを行う病棟です。

1日でも早い回復をめざしたチーム医療

早期の社会復帰・家庭復帰を叶えるため、医師、看護師、リハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)、管理栄養士、介護士、社会福祉士などの多職種の専門スタッフがチーム一丸となり、365日休みなく集中的なリハビリテーションが行える体制を整えています。以下では患者さまのためのチームとなる職種の一部をご紹介します。

回復期リハビリテーション病棟職種紹介

急性期治療から回復期リハビリテーション病棟 入退院まで

回復期リハビリテーション病棟では、病気や怪我の発症から入院までの期間や、入院できる期間が決められています。その限られた期間を有効活用し、速やかな社会・在宅復帰が実現できるよう365日のリハビリテーションをご提供しています。

病棟の特長

多職種合同評価

多職種での動作評価を行い、現状の把握、治療やリハビリテーション、検査データや栄養面についての話し合いを行い、ご家族の希望なども確認しながら方針の共有を行います。

入院時早期家庭訪問

自宅を訪問し、間取りや段差、動線などを確認します。そして、例えば「玄関の段差を上がるためにはこんな動作を獲得する必要があり、そのためにこの練習を行う」などの課題解決の方向性を見据えます。

家族カンファレンス

患者さま・ご家族と医療チームで家族カンファレンスを開催して、意向を踏まえた目標設定を行います。

24時間365日のリハビリ体制

早期の社会復帰、在宅復帰を目指し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのスタッフが365日リハビリテーションを行える体制を整えており、質の高い集中的なリハビリテーションを提供します。

きめ細やかな退院支援

退院後にも安心して過ごせるよう、退院前にはスタッフがご自宅を訪問し、上記の課題例として挙げた「段差のある玄関の出入りが安全にできるか。」などをご家族とともに確認します。

 

リハビリテーションの具体例

回復期リハビリテーションでは、患者さん一人ひとりの状態や体調に合わせたリハビリテーションを実施しています。道具や機器を使ったり、専門のプログラムを組んだりと多岐にわたります。また、退院後スムーズに日常生活へ戻るために必要な動作の練習も行います。

 

病棟設備

身体の状態に合わせた、様々な最新設備を有する機能訓練室をはじめ、運転操作能力検査用運転シミュレータや、リハビリ庭園のほか、快適にお過ごしいただけるデイコーナーなども完備しています。

 

運転操作能力検査用運転シミュレータ

運転免許センターと同様の運転操作の判定検査機器を導入しています。患者さまの身体能力・認知機能検査やリハビリテーションにも活用しています。

リハビリ庭園

眺めがよく、芝生や植栽が鮮やかなやすらぎの庭園で、屋外での実生活に沿ったリハビリテーションを行います。

デイコーナー