病院概要

睡眠呼吸障害外来

当院では、睡眠時無呼吸症候群に関する治療・相談を行っています。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に繰り返すいびきと無呼吸が特徴です。睡眠障害により日中に過剰な眠気が生じるだけでなく、高血圧、心疾患(心不全、狭心症、心筋梗塞、不整脈)、脳卒中、糖尿病などの合併症が引き起こされる可能性があります。

症状と対象疾患

  • 毎晩、大きな激しいいびきをかく
  • 睡眠中に「呼吸が苦しそうだ」あるいは「呼吸が止まっている」と指摘されたことがある

加えて、下記にも該当する方

  • 寝汗をかき、夜中に何度もトイレに起きる
  • 朝起きた時、頭痛や口渇がある
  • しっかり寝ているのに、日中に強い眠気や疲労感がある
  • 肥満傾向がある

診察から検査入院までの流れ

  1. 睡眠時無呼吸外来の受診(予約は不要です)
  2. 診察
  3. 症状の程度に応じてPSG検査入院
  4. 治療

PSG検査入院について

睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べるには可能な限り平穏な環境で検査をする必要があるため、特別室をご利用いただきます。PSG検査入院の場合は、テレビ、冷蔵庫、バスタオル、寝衣等のアメニティを含む1泊2日5,000円(税抜)の個室料をいただきます。2泊以上が必要な場合、以降2,500円(税抜)/日です。

TOPICS

担当医紹介