健診・検診・人間ドック・予防接種

【新規開設】膵臓がんドック

【新規開設】膵臓がんドック

膵臓がんは初期症状がほとんどなく、発見が大変難しい病気です。膵臓がんから身体を守るには、定期的な検査を受けて健康チェックすることが大切です。膵臓がんは、早期に発見・治療を開始することがとても重要です。膵臓がんドックでは、膵臓がん発見に最適な検査項目を選択し、通常の人間ドックより精密にチェックできます。

特におすすめの方

  • 喫煙をする方
  • お酒を多く飲む方
  • 食生活が不規則な方
  • 糖尿病の方(特に初めて診断された方、糖尿病が急に悪くなった方)
  • 膵臓の病気(慢性膵炎)にかかったことがある方
  • 胃のあたりや背中が重苦しく感じる方
  • なんとなくお腹の調子がよくない方
  • 食欲がない方
  • 体重が減少傾向にある方
  • 身体や白目が黄色味をおびてきた方
  • 尿の色が濃くなってきた方
  • 家族に膵臓がんの方がいる方
  • 膵臓にのう胞があると言われたことがある方

検査内容

①MRCP(磁気共鳴胆管膵管撮影)

MRI装置を使用し、膵臓・胆道を鮮明に写し出すことが可能で、病変の確認に適した検査です。

②腹部超音波検査

 

超音波で、腹部の臓器をチェックする検査です。特に膵臓を中心に検査します。

③血液検査

膵臓がんを疑う場合に実施する血液検査を実施します。

検査項目
肝、胆、膵機能 GOT、GPT、γ-GTP、ALP、総ビリルビン、直接ビリルビン、アルブミン、LDH、アミラーゼ、pアミラーゼ
血糖 空腹時血糖、HbA1c
血液学的検査 赤血球、白血球、ヘモグロビン、血液像など
脂質 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪
腫瘍マーカー CEA、CA19-9、DUPAN-2

④結果説明

消化器外科専門医より結果説明を行います。
※全ての結果が揃うまで、約1週間を要しますので、結果説明は受診日の1週間以降に実施します。

検査日

月~金曜

料金

45,000円(税抜)

予約について

膵臓がんドックは予約制になります。ご予約はお電話にて承っております。

この膵臓がんドックについて

この「膵臓がんドック」は、富山大学附属病院「膵臓・胆道センター」との連携によるもので、同センター長で膵臓癌治療の日本の第一人者である藤井努教授及び同副センター長の第三内科安田一朗教授の考案された検査内容です。

富山大学附属病院 膵臓・胆道センター センター長
富山大学大学院 医学薬学研究部 
消化器・腫瘍・総合外科
藤井 努 教授

日本膵臓学会(評議員・指導医)膵癌治療ガイドライン改訂委員 膵癌取扱い規約検討委員
日本胆道学会(指導医)
日本外科学会(代議員・専門医・指導医)
日本消化器外科学会(専門医・指導医・評議員)
日本肝胆膵外科学会(評議員・高度技能専門医)

富山大学附属病院 膵臓・胆道センター 副センター長
富山大学大学院医学薬学研究部 
内科学第三講座

安田 一朗 教授
日本膵臓学会(指導医・評議員)
日本胆道学会(指導医・評議員)
日本消化器病学会(専門医・指導医・財団評議員)
日本消化器内視鏡学会(専門医・指導医・社団評議員)

富山大学附属病院 膵臓・胆道センター