病院概要

整形外科

整形外科は運動器の疾患を治療する診療科です。運動器とは骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなります。背骨や骨盤、四肢を主な治療の対象としており、スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などによる打撲、捻挫、骨折などの外傷や、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチなどの疾患を治療しております。近年、高齢化社会がますます進むことにともない、運動器疾患も増加しております。骨折や寝たきりの予防、介護負担の軽減といった健康寿命の延長・生活の質の維持という点からも整形外科の必要性は増加しております。私達整形外科医は、運動器疾患の診療と発生予防に努め、地域が求める良質かつ安全で心のこもった最新の医療を提供することに努めております。

症状と対象疾患

整形外科では、切創、挫創、打撲、捻挫、骨折、脱臼、関節損傷、脊髄損傷、開放骨折などの外傷、肩こりや腰痛、関節の痛みや変形、骨粗鬆症、関節リウマチなどの検査・治療を行っております。

  • 全身の症状
    骨粗鬆症、関節リウマチ、運動器不安定症、通風
    咳・熱・鼻水・喉が痛い・頭が痛いなど風邪症状
  • 頚椎・胸椎の症状
    頚椎・胸椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症
  • 腰椎の症状
    腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症・分離すべり症
  • 肩周辺の症状
    肩こり、五十肩(肩関節周囲炎)、肩腱板断裂、石灰沈着製腱板炎
  • 上肢の症状
    テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、肘内障、野球肘、変形性肘関節症、ドケルバン病、ばね指、母指CM関節症、手根管症候群、肘部管症候群
  • 股関節の症状
    変形性股関節症、臼蓋形成不全、特発性大腿骨頭壊死症
  • 膝の症状
    変形性膝関節症、半月板損傷、膝靭帯損傷、オスグッド病
  • 足部の症状
    変形性即関節症 アキレス腱断裂 外反母趾病

 

赤ひげ健康知恵袋「骨粗しょう症を予防しよう」

TOPICS

担当医紹介

西田 英司

西田 英司

[整形外科]

専門分野

関節外科
骨軟部腫瘍
リウマチ
骨粗鬆症

高戸 慶

高戸 慶

[整形外科]

専門分野

外傷一般
骨延長