病院概要

外科

外科では、胃・大腸・肝・胆・膵・肛門疾患などの消化器疾患、乳腺疾患、鼠径ヘルニアなどの診療を行っています。胃癌・大腸癌・肝胆道系・膵がんに対しては、高度で専門的な手術と化学療法を中心とした癌治療を行っております。比較的早期の胃癌・大腸癌や胆石症の患者さまに対しては体に負担の少ない腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、最近では手術件数の約半数の患者様に行っております。
そけいヘルニアの手術に関しては「痛みを感じず早く退院できる手術」をモットーに、全身麻酔で主にメッシュを用いた手術を行っており、そけいヘルニア・痔専門外来を開設しております。

専門外来

症状と対象疾患

  • お腹が痛い。吐き気がする。熱もあるとき。
  • 身体のどこかに傷をつくってしまったとき。
  • 傷はないが端・胸を強く打撲したとき
  • 身体のどこかが化膿したとき
  • 手術跡の調子がどうもおかしいと思うとき
  • 便に血液が混じる    など
  • 【消化器悪性疾患】食道がん、胃がん、結腸がん、直腸がん、膵臓がん、胆嚢がん、胆管がん等
  • 【消化器良性疾患】大腸ポリープ、胆嚢結石、総胆管結石等
  • 【乳腺疾患】乳がん等
  • 【緊急疾患】胆嚢炎、腹膜炎、腸閉塞、急性虫垂炎、大腸憩室炎等
  • 【ヘルニア】鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア等

赤ひげ健康知恵袋「進化する胃がんの治療と検査」

TOPICS

担当医紹介

山本 精一

副院長

山本 精一

[外科]

専門分野

消化器外科

尾島 敏彦

尾島 敏彦

[外科]

専門分野

消化器外科

竹中 哲

竹中 哲

[外科]

専門分野

外科一般